Macを使って驚いたこと

Macを買って驚いたこと、
使ってみてすごいと思ったことはなんでしょうか?

ソフトの動きというかジェスチャーが楽しいということですね。
楽しみながら使ってね、というサービスを感じますね。

メモを削除するとき、「ゴミ箱に入れる」をクリックした後に
紙をクシャクシャさせる擬音なんか、
本当にゴミ箱に入れたかのような感じです。

スティーブ・ジョブズがカリグラフィーに凝っていたこともあって、
Macのフォントはほんとに綺麗です。
これは文字を打つことが楽しくなります。

キーボードのタッチ感がとても心地いいのも
タイピングのストレスを軽減しますね。
硬すぎず柔らかすぎず、
指の乗りがスーッと入り込む感じで疲れないんですね。

マジックマウスが使いやすいのもいいでね。
iPhoneのようにスワイプができるし、
スクロールがスムースです。

初めて使うときはちょっと戸惑うかもしれませんが
(スクロールはWindowsとむきが逆なので下に
スクロールしたつもりが上になったりする)
使っているうちに便利になってくるんですよ。

iCloudがチョー便利ですね。ノートやメモでも写真でも
スケジュールでもそれが即座にiPhone、
iPadそしてMacBook Airに同期されるんですね。
設定もできて、書類やデータを同期したくなければ
オフにすればいいのです。

iCloudが便利だと思うのは、たとえば、
メモをiMacでタイピングしていて、
途中で出かける、あるいは出勤時間になったとき、
途中のままで保存して、電車の中でiPhoneまたはiPadで
続きを書く事ができるんすね。

使ってみてちょっと不便だなあと感じることもありました。
それは「ことえり」です。
Mac標準の日本語入力システムなんですが、
英語表記するときにカナを英語変換する単語が少ないんですね。
たとえばSystemと英語表記するにはわざわざ
英数キーで切り替えなければならない。これが煩わしい。

WindowsのMS-IMEなら、かなで「しすてむ」と打つと
Systemも互換候補として出てくる。

他にも郵便番号変換もできないなど、
ちょっと不便なところがあるんですね。
それで、今はGoogleの日本語入力に変えたところ
この不便さは解消しました。

このGoogleの日本語入力は便利ですよ。
Windowsを使っている方にもおすすめします。



あとMacには色々と楽しいソフトがたくさんあります。
使い勝手が良いアプリがiTunesで探すのはとても楽しいですね。

次回は⇒MacBook Airでさらに…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: