Macのデメリット

Macのデメリットは何でしょうか?
WindowsPCを使っている人なら、Windows用のソフトが
使えないことですね。

もちろん、Mac仕様も兼ねたWindows用ソフトもあります。
Mac用Officeなんかありますね。

Windows用ソフトには優れたソフトがたくさんあり、
またそれに慣れている人にはそのままではmacで使えないと
いうのはかなりのデメリットになります。

macではそれに変わる別の優れたアプリがあるんですが、
Windowsとの互換性がないことはやはりデメリットになりますね。

MacでWindowsを使えるようにできるソフトが有るんですが、
わざわざそうまでしてmacを買いたいとは思わないという人も多いでしょうね。

多くの人は、WindowsPCを持っていて、2代目、3台目のPCとして
macを買うという選択をしているという感じですね。

Windowsでしか使えないソフトはWindowsPCで、
それ以外の自分のための用途ではMacでという切り分けをして
使っているみたいです。

私の場合は、WindowsPCとMacの切り替えが面倒くさいので、
MacにParallelsという仮想ソフトを利用して、
Windows7をMacにインストールしています。

これ便利なんですよ。MacとWindowsの切り替えが簡単にできるですね。
わざわざWindowsPCを立ちあげなくてもいいし、
データのやり取りも面倒くさくない。同じ画面でできますから。

それでもそこまでして、費用をかけてMacでWindowsを使いたくないし、
MacでWindowsを使いたくないという人にとっては、
Macを使う需要はないかもしれません。

私にとってはMacを使う一番の理由は好みです。
会社ではWindowsをPCを使い、自宅やプライベートでは
Macをおもいっきり使って楽しんでいます。

楽しくなければMacを使う意味は無いと思っています。

次回は⇒Macを使って驚いたこと

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: